EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » WMSシステム(倉庫管理システム)のきほんの「き」 » WMSシステムとLMSシステムの違い

WMSシステムとLMSシステムの違い

倉庫管理システムは、管理の範囲と目的に合わせて選ぶのが重要です。このページでは、WMSシステムとLMSシステムの違いについて、それぞれの特徴やメリットに焦点をあててまとめています。倉庫の管理システム選びの参考にしてみてください。

WMSの特徴

WMSは「倉庫管理システム」とも呼ばれており、倉庫内の物流管理をスムーズにできるシステムです。庫内に保管されている商品の在庫はもちろん出荷、仕分、加工、ハンディターミナルを利用して入荷検品棚入など、倉庫内における物流業務のほぼすべてを管理できる機能が揃っています。

WMSを使用すれば倉庫内作業の一括管理が可能となるため、業務の一部自動化や省人化が叶うでしょう。管理体制が見える化できるので、作業効率アップにも一役買ってくれます。

WMSのメリット

WMSを導入すれば入出荷管理を一元化できるため、少人数でも効率的かつスムーズな業務が可能となります。また、管理のほとんどをシステム化するのは、人為的ミスの防止にもつながるでしょう。これにより、サービスの品質を向上させることが可能です。

LMSの特徴

LMSは「統合物流管理システム」とも呼ばれており、商品在庫や物流コスト、サービスの最適化に特化したシステムです。倉庫管理のほかに受注管理や配送機能なども備わっているため、倉庫内の管理だけでなく現場までを一貫体制で管理したいという場合に向いています。

LMSは物流に関する戦略や計画、オペレーションといった領域を管理するシステムのため、倉庫内の在庫や入出荷を管理するWMSとは機能や目的において明確な違いがあるのです。

LMSのメリット

LMSは、輸送から在庫管理、倉庫管理、受注履行、配送といった物流ならびにサプライチェーン管理におけるさまざまな工程を効率化・最適化できるシステムです。導入することで、業務効率の向上やコストの削減、高品質なサービスの提供ができるようになります。

倉庫の管理システムを選ぶ時のポイント

WMSとLMSには明確な違いがありますが、一体どちらを選ぶのが良いのでしょうか。ここからは、倉庫の管理システムを選ぶポイントを紹介していきます。

WMSとLMSの両方の導入検討も

WMSとLMSはどちらも物流管理システムですが、管理可能な業務範囲や目的にはっきりとした違いがあります。倉庫管理全般のみであればWMSの導入だけで十分ですが、その先の工程まで管理するとなるとWMSだけでなくLMSの導入も検討しなければなりません。

WMSによって機能に違いがある

ひとくちにWMSといっても、システムを提供するメーカーによって搭載されている機能が異なります。また、機能面だけでなく導入可能な環境や連携できるシステムにも違いがあるため、自社の希望する管理方法に合ったものを選びましょう。

抱えている課題を解決できるシステムを選ぶ

現在使用していない機能は今後も使わない可能性が高いですし、機能が充実していればそのぶん導入コストも高くなってしまいます。そのため、自社の課題解決に向いているかを重視してシステムを選ぶようにしてください。

システムは使いやすいか

実際に操作する人や運用シーンを考慮し、操作性や見やすさを確認するのも大切です。使い勝手の悪いシステムは後々使用しなくなる可能性があるので、シンプルかつ操作方法が分かりやすいかに注目してみましょう。

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
ピックアップ記事