EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » ネットショップを開業するには? » ネットショップと合わせて運用すべきSNSとは?

ネットショップと合わせて運用すべきSNSとは?

こちらでは、ネットショップで取り扱う商品の売れ行きを後押しするためのひとつの方法として、SNSの利用について紹介しています。ただ、ひとくちにSNSといってもその種類は多岐にわたります。そこで、ネットショップ運営と併せて運用するのに特におすすめの主要SNSを5つピックアップし、それぞれの特徴について紹介していきます。

また、SNS運用におけるメリット・デメリットについてもあわせて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

主要なSNSの特徴

ネットショップと合わせて運用したい5種類の主要SNS。それぞれの特徴や注目ポイントは、次のとおりです。

X(旧:Twitter)

ネットショップの情報を伝えるツールとして◎

「新商品販売」「セール開催」など、お客さんに伝えたい情報を広めるためのツールとして、活用できます。簡潔な文章でタイムリーに、しかもひんぱんに情報を流すことができるという特徴があります。ショップ自体の認知度アップにもつながります。

集客につなげやすい

クーポン目当ての若年層のお客さんの獲得につなげやすいSNSでもあります。上述の繰り返しになりますが、その手軽さから拡散されやすい特徴があるので、割引クーポンなど、お得な情報をツイートしておくだけで、一気に集客できる可能性もあるのです。

Youtube

Youtubeなど、動画配信による集客方法もあります。近頃では、C-channel(シーチャンネル)などのアプリ上で売上につなげる商材も見受けられます。

ただし、再生回数がよく伸びる動画は「その商品を購入してみてどうだったか」といった内容、つまりハウツー系のものである場合が多いです。そのため、かなりの動画再生数になったとしても、そのことがネットショップへの集客に直結するかというと、必ずしもそうだとは言い切れないという問題があります。もちろん、ファン獲得につながることもあるので、試す価値は充分にあります。

Facebook

より継続的にフィードに表示されやすい

SNSの情報は、基本的には次から次へと追加される新しい情報によって押し流されて、あっという間に過去のものとなってしまいがちです。その特徴をとらえ「フロー型メディア」と呼ばれることもあるほどです。そんなSNSのなかで、Facebookにはやや特殊な性質があります。それは、投稿が人気の高いものである場合、継続的にフィードに表示される点です。そのため、注目される期間をより長くすることが可能なのです。

匿名制ではなく実名制を採用している

実名制のSNSなので、お客さんにとっては、不安を感じることなく投稿にコメントを残しやすいという特徴があります。さらに、Facebookのコメント機能は返信しやすいように設計されているため、コメントへの回答もストレスなく行えます。お客さんとのコミュニケーションを充実させることで、ファンを獲得しやすくなるでしょう。

Instagram

写真とテキストの両方を駆使して、ネットショップの魅力をアピールすることができるInstagram。近頃では、写真だけでなく動画を載せる機能も搭載されています。そのため、日本国内だけでなく、世界中の人へ向けて情報発信する際にも便利なSNSだといえます。また、若い女性が利用者の半分以上を占めている点なども併せて把握しておくことで、より効果的に活用することができます。

note

テキスト・画像・つぶやき・音声・動画。これら5種類のコンテンツの投稿が可能なところがnoteの特徴です。ハッシュタグを活用したり、X(旧Twitter)と連携したりして、使い方を工夫することで、拡散力を強化できます。また、note for shoppingという機能を利用したネットショップ連携もおすすめです。手軽にできるので、一度試してみることをおすすめします。

SNSを運用するメリット・デメリット

活用することで多くのメリットを得られるSNSですが、注意しておきたいデメリットもあります。SNS運用におけるメリットおよびデメリットについてまとめました。

メリット

無料で運用開始できる

一般的な広告を利用するとなると、決して少なくない費用が必要になります。けれども、基本的にはSNS無料なので、コストをかけずに運用をスタートすることができます。しかも、メールアドレス・パスワードを登録するだけで利用できるものがほとんどなので、運用スタートまで長い時間をかけずに済みます。

SNSの全ユーザーに宣伝できる

SNSの利用者全員に向けてアプローチできます。キーワードを上手に盛り込んで、少しでもターゲット層の目に留まるように工夫すれば、予想以上の拡散力を発揮する可能性があります。

ユーザーとの距離を縮める

SNS利用者との対話を通じて、心理的な距離を縮めることができます。ショップに親しみを感じてもらうことができれば、固定ファンになってくれる可能性も高まります。

更新・投稿をコントロールしやすい

一般的な広告を打つ場合には、業者とさまざまな調整を経てから広告が掲載される流れになります。しかも、修正したい箇所が生じても、自分で手軽に直すことは難しいです。その点、SNSであれば、自分のペースで自由に投稿や更新をコントロールすることができます。

デメリット

更新頻度を保った運用が必要

SNSでは、新しい情報が活発に行きかっているので、投稿した内容は、すぐに古くなってしまいます。そのため、更新頻度が下がったり更新が途絶えたりしてしまうと、あまり動きのないネットショップであるという印象を与えかねません。そういった印象はファン離れの原因になりやすいため、注意が必要です

投稿内容が炎上するリスク

気軽に投稿した情報やコンテンツが、思わぬとらえ方をされ、イメージダウンを招いたり炎上を引き起こしたりする可能性もゼロではありません。気軽に投稿できるSNSですが、慎重さをもって発信することが求められます。

すぐ売り上げにつながるわけではない

SNSの運用をスタートしても、その効果をすぐに実感できるかといえば、そうではありません。あっという間にファンが増えるなどのケースは、極めて稀であると認識しておきましょう。たとえ閲覧数が増えなくても、地道に発信を続けていくことが大切です。

編集チームまとめ

SNSを運用することで、ネットショップの魅力をアピールしたり情報を拡散したりすることができます。それぞれのSNSがもつ特徴を理解して上手に使用することで、その効果をより高めやすくなります。ただし、SNS利用によって生じるデメリットもあるので、あらかじめ把握しておくことが大切です。

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
ピックアップ記事