EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » 【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要なのか

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要なのか

目次

そもそもWMSシステム(倉庫管理システム)とは?

WMSシステムのイメージ

WMSシステム(倉庫管理システム)とは、商品の入荷管理や在庫管理、出荷管理など、倉庫内の在庫状況の管理を効率化するシステムのこと。

決して、大きな倉庫を持つ物流会社だけのためのシステムでなく、EC事業者においても大きなメリットを持ちます。

WMSシステム(倉庫管理システム)の導入効果

在庫状況が可視化できるので、売り越し・売り逃しを防ぐ

「在庫状況の見える化」を実現し、リアルタイムに在庫を把握できる点も、WMSを導入する大きなメリットと言えるでしょう。

WMSシステムを導入すると、入荷作業ではハンディターミナルやモバイル端末などを使って検品業務を行います。検品を完了すると、検品結果がリアルタイムで在庫データに反映。在庫状況がすぐに見える化されます。

発送した商品もすぐにシステム上で反映されるため、常に最新の在庫状況を把握することが可能。結果的に売り越し・売り逃しを防ぐを防ぐことができるのです。

バーコード検品の導入で誤発送を撲滅できる

WMSシステムを導入した後は、入荷時や発送時にハンディターミナルなどの機械を使ってバーコードを読み込みむ「検品作業」を必ず行うことになります。

特に発送時においては「注文と違う色の商品」や「別のお客様の商品」を誤って発送するといった、ヒューマンエラーを削減することが可能です。

属人化解消で、誰でも効率的に作業ができるようになる

WMSシステムを導入することで発送業務や在庫管理業務のフローを標準化することが可能。標準化したフローをマニュアル化さえしてしまえば、誰でも効率的に作業を進められるようになります。

スタッフのスキルによる差がなくなるため、経験が浅い新人であってもミスのない作業をすることができるほか、効率的な作業も実現できるため残業時間の削減も実現することができるでしょう。

【EC物流のプロに聞く】
EC事業“立ち上げ期”にWMSシステムを入れるべき2つの理由

【監修】今回、話を伺ったのはこの人

藤井氏の顔写真

藤井氏

アートトレーディング株式会社 代表取締役 藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ(2023年7月調査時点)。

※引用元:アートトレーディング株式会社 公式HP(https://art-trading.co.jp/ec-management/14rules-to-improve-sales/)

WMSシステムを入れるべき理由1:商品マスタの構築

多店舗展開を容易にする「マスタの構築」

WMSシステムをEC立ち上げ段階から入れた場合は、商品の取り扱いを開始するにあたってはWMSシステムにマスタを作成することになります。

そのマスタを利用し商品ページを作っていくのですが、この点がEC事業において大きなメリットがあります。

それは今後、簡単に多店舗展開を行うことができるという点です。全てのECサイトにおいて、紐づければ良いマスタが存在しているため、いくらサイトが増えても混乱することがありません。

後から(在庫がずれてから)システムを入れることは至難の業

ある程度EC販売を行ってきた後でシステムを入れようとした場合の懸念としては、システムを入れることが難しくなるという点です。

仮に、これまで何も考えずに商品ページを作成してきたとすると、下記のような状態となっており、まず間違いなく在庫はずれていると考えられます。

上記のような「在庫が正しく管理されていない状況」からシステムを導入し、在庫をシステムに登録していくというのは至難の業。

そしてすでに売れている商品のため注文や出荷を止めることは難しく、「どこまで出荷していて、どこまでが出荷されていない商品なのか」、「どれが売約済みの在庫で、どれが販売できる在庫なのか」といった点が把握されない状況で在庫を登録することになるため、同じミスが繰り返し起こる可能性も秘めています。

WMSシステムを入れるべき理由2:業務フローの確立

マニュアル化しやすく、属人化しない

立ち上げ期からWMSシステムを入れた場合の2つ目のメリットとしては、「業務フローの確立」が容易にできるようになるという点です。

システムを入れた後は、「商品マスタの作成」⇒「入荷処理」⇒「在庫計上」⇒「受注データの取り込み」⇒「配送伝票番号反映」⇒「帳票作成」など事務処理だけでもいくつもの工程が発生します。

しかし、上記のようなシステムの手順に併せて進めることが業務フローそのものとなるという点は大きなメリットの一つでしょう。

業務フローが確立することで、担当者によって作業方法が異なるといった属人化の問題の解決ができるほか、誰が作業を行っても一定レベルの生産性が保たれることから、マニュアル化してしまえば教育コストの削減にも繋がってきます

一度固まったフローを脱却するのは骨が折れる

EC事業立ち上げ期にシステムを導入せず、後になってから導入する場合のネックになる点としては、今まで構築してきたフローからの脱却が難しく、定着するのに時間を要するという点です。

この方法で慣れてる・決まった事で正しいからと、概念として定着してしまうことで変化を嫌う事業者の方々は少なくありません。

いざ導入しても、現場と意見が合わず衝突した結果、途中で頓挫するといったケースもあるようです。

だからこそ、立ち上げ始めたタイミングで導入しておくべきなのです。

アートトレーディングの
WMSシステム
について公式HPで
詳しく見る

アートトレーディング株式会社が提供するWMSシステムに迫る

mylogi公式HPキャプチャ
※引用元:mylogi公式HP(https://www.mylogi.jp/)

ECサイト運営に特化した
WMS(倉庫管理)システム

「mylogi」は、ECサイトの運営に長年注力してきたアートトレーディングがこれまでのノウハウを基に作成した、EC事業特化の物流システム
OMS(注文管理システム)、WMS(倉庫管理システム)のどちらの機能も「mylogi」1つで一元管理をすることが可能EC物流における全てのフローをプラットフォーム上で完結することが可能です。

EC事業者に嬉しいmylogiの特徴

商品管理、受注、出荷、在庫管理、配送までを
ワンストップで管理

mylogiは、注文管理システム(OMSシステム)と倉庫管理システム(WMSシステム)の機能を併せ持つシステム。商品管理、受注、出荷、在庫管理、配送をワンストップで管理することでECビジネスを支えます。

小規模や小ロットにも対応している点やカラー・サイズ管理など細かい管理項目が設定されている点など、EC事業者にとって必要な機能を多数搭載。

ECの現場を理解している会社だからこそ、「ECに何があると便利なのか」を踏まえた上でのシステムを設計しています

複数倉庫を管理する機能で多店舗展開をサポート

mylogiには複数の在庫管理や多モール注文管理に対応しているだけではなく、業務フローの確立や追跡機能など、多くの機能が搭載されているmyligi。

その他、「Shopify」「Amazon」「楽天」「MakeShop」など多様なカートシステムやモールシステムとのAPI連携も可能です。

既に利用しているシステムと連携させることで、より快適なEC運営をもたらします。

mylogiの料金プラン

mylogiの公式HPで詳しい料金プランを見る

mylogiの企業情報

社名 アートトレーディング株式会社
本社所在地 東京都豊島区東池袋1-18-1 Hareza Tower 20F
電話番号 03-5422-3348
公式HP URL https://www.mylogi.jp/