誤発送撲滅も業務効率化も実現
EC事業者のための
“正しい”WMSシステム選び

倉庫の在庫を管理することで、業務効率化をはじめとする多くのメリットが生まれるWMSシステム(倉庫管理システム)。
しかしEC業界においては、OMS(注文管理システム)だけを入れている会社も少なくありません。

このメディアではそのようなEC事業者のために、WMSシステムを入れると業務がどう変わるのか、
どのようにシステムを選べばよいのか
を解説します。

目次

知っているようで知らない
WMSシステム(倉庫管理システム)

WMSシステム(倉庫管理システム)の導入は
業務効率化とミス削減の両立を実現する

クリックで拡大できます

WMSシステム(倉庫管理システム)とは?

導入することで業務フローが確立されるWMSシステム。納品時や出荷時の検品作業や、指定した場所へ在庫を配置しておく棚入れ作業などにより、より効率的な発送業務が可能となります。

おそらく現状のフローから比べると、やるべき項目が増えているように感じるかもしれません。しかしこういったフローを経てもなお、事業者側には大きなメリットが生まれるということなのです。

倉庫内の作業を管理する「WMSシステム」と
ECサイトからの注文を管理する「OMSシステム」

クリックで拡大できます

WMS(倉庫管理システム)とOMS(注文管理システム)の関係性

WMSは、倉庫内作業の効率化と精度向上をサポートするシステムです。一方、OMSはECサイトで注文を受けつけてから支払いがされ、商品を配送するまでの一連の流れを一括管理するシステムです。

どちらもEC事業者の業務を効率化するシステムですが、WMSとOMSでは担当している領域には大きな違いがあります。WMSは倉庫内作業の管理のみを行いますが、OMSは注文を受けてから入金のやりとりまでが対象範囲となっています。

WMSシステム(倉庫管理システム)導入の
4つのメリット

在庫状況が可視化できるので、売り越し・売り逃しを防ぐ

在庫状況が可視化できるので、
売り越し・売り逃しを防ぐ

WMSを使って検品を完了すると、検品結果が即時に在庫データに反映され、在庫状況がリアルタイムで見える化されます。在庫の数や種類などを正確に把握できるため、在庫の回転数を上げることが可能。

さらに、適正な在庫数を常に把握することができるため商品の売り越し・売り逃しを防ぎます。

バーコード検品の導入で誤発送を撲滅できる

バーコード検品の導入で
誤発送を撲滅できる

WMSでの検品は、ハンディターミナルなどの機械を使ってバーコードを読み込んで行います。すべてシステム化されているので、ヒューマンエラーを削減できるだけでなく、在庫の差異をもなくし、誤発送を減らすことが可能です。

特に、サイズや色が異なるアパレル商品などのアイテムは、アナログな方法だと人為的ミスが起こりがちです。WMSによる検品方法が非常に有効だと言えるでしょう。

属人化解消で、誰でも効率的に作業ができるようになる

属人化解消で、誰でも効率的に
作業ができるようになる

WMSによって業務を標準化・マニュアル化することで、誰でも効率的に作業を進められるようになります。スタッフのスキルによる差がなくなるため、経験が浅い新人であっても、一定レベルの作業が可能です。

物流業界が未経験でも、ミスなくピッキングや検品を行うことができるでしょう。ベテランしかできない作業を減らし、業務の属人化を解消します。

発送業務が簡単になり、残業時間が削減される

発送業務が簡単になり、
残業時間が削減される

WMSで出荷作業を行うと、在庫の最適な出荷順序を指定できるため、効率的な商品の出荷が可能になります。納品書や送り状などの印刷もWMSに一任でき、より効率的に発送の準備ができるでしょう。

発送業務の効率が全体的に底上げされ、作業にかかる時間の大幅な短縮を実現します。営業時間内に業務を終えられるようになるので、残業時間も削減されるでしょう。

WMSシステム(倉庫管理システム)
導入後のフローで

必要となる作業はたったこの2つ

バーコードを貼る作業

バーコードを貼る作業

WMS導入後、検品やピッキングなどの在庫管理はバーコードを読み取って行います。商品にJANコード・EANコードなどの流通用バーコードが印字されている場合、そのバーコードを活用できます。印字されていなかったら、新たにバーコードを貼る作業を行わなければいけません。

しかし、商品ひとつひとつに貼る必要はなく、棚や箱、保管容器などに貼るケースもあります。バーコードの数をなるべく少なくできる保管方法で行いましょう。

棚入れ作業

棚入れ作業

入荷検品を終えた後に行うのが棚入れ作業です。商品によって入れるロケーションが決まっている固定ロケーション方式、入れる段階で適切なロケーションを選ぶフリーロケーション方式があります。

棚入れ作業は、間違ったロケーションに入れないよう注意しましょう。違う棚に入庫してしまうと、後に行われるピッキングの際に、商品を見つけられなくなってしまいます。ロケーションレイアウトを工夫して、作業者が入庫しやすくすることも大切です

自社に合ったWMSシステム
(倉庫管理システム)の

選び方

立ち上げ時や注文が増え始めた段階なら
WMSとOMSの一体型システムがおすすめ

立ち上げ時や注文が増え始めた段階ならWMSとOMSの一体型システムがおすすめ

立ち上げ段階やまだ物流量が多くない段階では、OMSだけを入れていたり、 Shopifyなどで注文管理を行っているケースが主流でしょう。そういった段階においてもWMSシステムを導入することは非常に重要です。

しかしまだまだ大きな金額はかけられないと思いますので、WMSとOMSがセットになったいわゆる“一体型”のシステムがおすすめ。とにかく費用を安く抑えながら、業務効率化を図ることが可能です

月に3,000件以内程度であれば一体型で十分ですが、物流量が万単位になってくると、在庫管理においても注文管理の機能においても、より高度な機能が求められるため、別々のシステムを使うことをおすすめします。

販売戦略に併せた在庫管理を求めるなら
機能のカスタマイズ性が必要

販売戦略に併せた在庫管理を求めるなら機能のカスタマイズ性が必要

「ECに注力するために、店舗とECの在庫区分を切り分けたうえで一元管理したいケース」や「品番とカラーを分散させ、かつサイズが統一した福袋が自動生成されるシステムにしたいケース」など、業種ごとの特性やその企業特有の販売戦略などをシステムに反映することは、一般的なパッケージ型のWMSシステムでは難しいでしょう。

人間がWMSの都合に合わせるのではなく、今のオペレーションにWMSをフィットさせるためには、自社に合った機能を付与できる“カスタマイズ性”が重要なのです。

倉庫管理の根本から見直したいなら
システム導入+倉庫改善提案がポイント

倉庫管理の根本から見直したいならシステム導入+倉庫改善提案がポイント

長くECサイトを運営してきた中で、倉庫の中が膨大な商材であふれかえっており、本当にシステム化のメリットを受けられるかが不安なケースもあるでしょう。その場合には、WMSシステムの導入に併せて、現場で倉庫自体のレイアウトや商材配置のコンサルティングを行ってくれる会社がおすすめ。

入庫出庫作業の効率化を追求した導線設計を行ってくれるので、最適化した倉庫管理が可能です。

EC事業者におすすめのWMSシステム3選をもっと詳しく

立ち上げ時や注文が増え始めた段階なら

mylogi

mylogi
引用元:mylogi公式HP
(https://www.mylogi.jp/)
初期費用 0円
Basicプラン 15,000円
Standardプラン 30,000円

※Basicプラン…倉庫数:~2倉庫、ユーザー数:~3名
※Standardプラン…倉庫数:~3倉庫、ユーザー数:~5名
※両プランで使用できる機能に違いはございません。

※いずれも月額、税込みの金額

mylogiの特徴

mylogiの導入事例

導入事例は見つかりませんでした。

mylogiの機能

  • ・入荷登録
    ・ハンディでバーコード検品
  • ・出荷管理/在庫引当
    ・ピッキング指示から出荷完了
  • ・在庫照会
    ・在庫追跡
  • ・検品パッキングリスト/納品書/配送伝票などの出力
  • ・返品登録
  • ・注文登録
    ・注文管理/出荷許可
    ・出荷登録

mylogiの外部連携

  • ショッピングカート系
    (Shopify/MakeShop/futureshop など)
  • ショッピングモール系
    (Amazon/Rakuten/Yahoo!ショッピング など)
  • 一元管理システム系
    (NEXT ENGINE/通販する蔵 など)
  • 在庫連携系
    (zaiko Robot)

mylogiの企業情報

社名 アートトレーディング株式会社
本社所在地 東京都豊島区東池袋1-18-1 Hareza Tower 20F
電話番号 03-5422-3348
公式HP URL https://art-trading.co.jp/
販売戦略にあわせた在庫管理を求めるなら

SANTA(三協)

SANTA(三協)
引用元:SANTA(三協)公式HP
(https://www.kk-sankyo.com/santa/)

費用については公式HPに記載がありませんでした。

SANTA(三協)の特徴

SANTA(三協)の導入事例

導入事例アイコン
販売形態に応じて在庫をわけることで在庫管理を簡単に

ECショップや試合時のスタジアムで、グッズを販売しているサッカーチーム。双方がまったく違う販売形態のため、在庫管理に悩んでいたそう。

「在庫管理を簡単にしたい」「売り漏れや欠品防止のために、在庫をわけたい」という課題が生じていました。そこで、システムに在庫区分という項目をつくり、販売形態に応じて在庫をわけられるように。その結果、在庫管理が簡単になりました。

導入事例アイコン
カスタマイズしたWMSによって2万件の発送に対応

WMSをカスタマイズし、中国のショッピングモール「アリババ」に出品している商品を、国際スピード郵便を使って中国に発送しました。発送には送り状が必要だったのですが、1枚ずつ送り状番号を入力してデータ化するのは効率的ではありません。

そこで、送り状番号を自動的に計算してデータ化する独自のシステムを構築して対応。その結果、中国最大のECイベントであるW11に、誤出荷ゼロで2万件の商品を出荷できました。

参照元:株式会社三協公式HP(https://www.kk-sankyo.com/case/wms_cross-border-ec/)

SANTA(三協)の機能

  • ・指定した区分に分けて入庫を計上
  • ・一元管理システムへの出荷情報の流し込み
    ・ECショップ用在庫からの自動引当
  • ・安全在庫を月単位で設定
  • ・ピッキングリスト/納品書/送り状等の出力
  • ・返品作業後の商品タグ自動作成

SANTA(三協)の外部連携

  • 基幹システム系
    (SMILE/アラジンオフィス/弥生/kintone など)
  • ショッピングモール系
    (Amazon/Rakuten/PayPayモール/ebay など)
  • ショッピングカート系
    (Shopify/Estore/MakeShop/WelCart など)
  • 受注管理ソフト系
    (NEXT ENGINE/CROSS MALL/TEMPO STAR/通販する蔵 など)
  • B2C系伝票発行システム
    (ヤマト運輸/SAGAWA/日本郵便/西濃運輸 など)

SANTA(三協)の企業情報

社名 株式会社三協
本社所在地 大阪府東大阪市今米1-15-11
電話番号 072-967-6010
公式HP URL https://www.kk-sankyo.com/
倉庫管理の根本から見直したいなら

クラウドトーマス

クラウドトーマス
引用元:クラウドトーマス公式HP
(https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/)
基本利用料
(1~5アカウントまで)
99,000円/月~
追加アカウント料
(1アカウント)
5,500円/月

※いずれも月額、税込みの金額

クラウドトーマスの特徴

クラウドトーマスの導入事例

導入事例アイコン
作業効率がアップし残業時間1時間の削減に成功

おせち料理製造・介護用食品の企画製造を行っている企業です。紙に直接書いて商品を管理していたため、販売した数と残っている商品の数が合わない点、作業の効率が悪く残業時間が長い点が課題でした。WMS導入後、在庫確認がしやすくなり、作業効率も向上。残業が1時間ほど短くなりました。

また、今まで発注者に確認していた欠品情報も画面上ですぐに確認でき、出荷ミスの削減も実現できたそうです。

参照元:クラウドトーマス公式HP(https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/case/2523/)
導入事例アイコン
属人化を解消でき年間200万円のコストカットも実現

宇治茶や抹茶スイーツを販売している企業です。使っていたシステムが古く、出荷データの送信時にトラブルが起こりやすい状況になっていたそう。

商品の出荷時にはベテランの作業者しか判断ができず、属人化が進んでいた状態でした。システム導入後は、出荷時においても作業の6割ほどは新人でも対応できるようになったとのこと。また、出荷指示書の発行も不要になり、年間200万円ほどのコストカットに成功しています。

参照元:クラウドトーマス公式HP(https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/case/2370/)

クラウドトーマスの機能

  • ・入荷指示
    ・入荷履歴
    ・入荷検品確認
  • ・引当
    ・引当履歴
    ・出荷完了報告
  • ・ロット管理
    ・ケース/バラ管理
    ・棚卸管理
    ・賞味期限管理
  • ・出荷指示書(ピッキングリスト)の発行
  • ・返品データ登録

クラウドトーマスの外部連携

  • 国内外の様々な基幹システム、カート、モール、OMSに対応
連携できる具体的なシステム名については公式HPに記載なし

クラウドトーマスの企業情報

社名 株式会社関通
本社所在地 兵庫県尼崎市西向島町111-4
電話番号 0800-555-0500
公式HP URL https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/

WMSシステム(在庫管理システム)の
基本機能

入庫/出庫管理機能

入庫・出庫する商品数や入出庫のスケジュールの入力、商品のラベル発行・管理ができる機能です。どの商品をどれくらいの数、入荷または出荷するのかを正確に把握できます

スケジュールを取りこんでリストを作成できるため、無駄なく効率的に入出荷作業を行えるようになるでしょう。

在庫管理機能

在庫が保管されている場所や数、期限などの詳細情報を一括管理できる機能です。ロケーション管理や在庫移動指示も可能なので、保管場所も有効に使えるでしょう。

業界によっては先入れ先出しを徹底しているところもありますが、管理機能によって商品の新旧がわかるため、効率よく商品を出荷できます。

棚卸管理機能

複雑で時間がかかる棚卸作業を管理する機能です。棚卸データの作成・印刷、棚卸結果や差異リストの作成などを行うので、棚卸の状況把握に役立つでしょう。

棚卸指示機能やスキャナによる簡単な入力で、棚卸に必要な手間と時間を削減し、効率的な棚卸作業を実現します。

帳票・ラベル発行機能

納品書や発注書などの帳票やラベルを発行する機能。入出荷スケジュールに基づき、バーコード付きの商品管理ラベルを発行・印刷します。

入力作業に時間を費やす必要がなくなるので、業務時間の短縮が期待できます。送り状や荷札などの発行も可能。

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要なのか

どうしてもWMSシステムの導入は、EC事業が軌道に乗り、ある程度売り上げが経ち始めてからで良いと考えてしまいがち。しかし、本当に立ち上げの段階からシステムを入れておく必要はないのでしょうか。

以下のページではEC物流の専門家に話を聞き、事業立ち上げ段階でWMSシステムを入れる必要性について伺ってきました。

WMSシステムの機能一覧

WMSには、出荷管理機能や在庫管理機能など、倉庫内作業の効率化・精度向上を実現に導くための基本機能が搭載されています。WMSの導入を検討しているのであれば、まず基本機能について詳しく知っておきましょう。

ここでは、どのような機能がついているのかを種類別に詳しくまとめました。ぜひ参考になさってください。

WMSシステムの導入費用

WMSの導入を視野に入れていても、やはり予算面に関しては気になるところ。どれだけシステムのスペックが優れていても、費用が高額だと再度悩んでしまうでしょう。

導入にかかる大まかな金額をあらかじめ知っておけば、ある程度予算面も考慮しながら、前向きに考えられるかもしれません。ここでは、WMSの導入費用についてわかりやすくまとめました。ぜひ参考にして、導入を検討してみてください。

WMSシステムを導入するメリット

WMSを導入する前に、導入することでどんなメリットがあるのかもぜひ知っておいてください。作業を効率化できる、作業の精度を上げられるなど、ほかにもさまざまなメリットがあります

ここでは、WMSがもたらすメリットについて詳しくまとめてみました。もれなくチェックして、効率的に作業を進めている現場をイメージしてみましょう。

WMSシステムの選び方

WMSシステムと一口で言っても、その種類や機能、スペックは実にさまざまです。商品情報をよく調べずに選んでしまうと、意外と使いにくかったり不要な機能がついていたりなど、後々後悔してしまうかもしれません。

ここでは、WMSの選び方のポイントについて詳しくまとめました。ぜひ参考にして、自社の課題を解決してくれるWMSを選びましょう。

WMSシステムとOMSシステムの違い

WMSと混同されやすいシステムとして、OMSシステムがあります。どちらもEC事業者に活用されているシステムですが、WMSと比較してどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、OMSとはどのようなシステムなのかや、それぞれのメリットなどについてもわかりやすくまとめています。ぜひ参考にして、双方の違いを理解してください。

WMSシステムの展示会

WMSシステムは、倉庫内の作業を管理しながら効率化するシステムです。機能や使いやすさを比較し、自社にふさわしいシステムを選ぶために、展示会が開かれています。アフターコロナ以降、全国で開催される展示会の頻度や参加企業も増えてきています。

ここでは、WMSシステムの展示会についてまとめました。ぜひシステム選びの参考にしてください。

WMSシステムとTMSシステムの違い

倉庫管理システムであるWMSシステムは、配送計画から請求までを一気通貫で管理できるTMSシステム(輸送管理システム)と組み合わせると、さらに大きな業務プロセスを管理できます。

ここでは、WMSシステムとTMSシステムの違いについて詳しくまとめました。倉庫業務から配送後の請求まで、システムによる管理についてチェックしてください。

WMSシステムのタイプ

倉庫業務を管理するWMSシステムには、サーバの設置場所・契約形態や開発環境により「オンプレミス型」「スクラッチ開発型」などの違いがあります。クラウド型と呼ばれるWMSシステムはネットワーク経由で提供されています。

ここでは、WMSシステムのタイプについて詳しく紹介しています。導入方法についてチェックしたい方は、ぜひ参考にしてください。

WMSシステムとLMSシステムの違い

WMSシステムは倉庫内作業全般の管理ができるため、作業効率アップや人為的ミスの防止が期待できます。一方LMSシステムは倉庫管理だけでなく受注や発送なども管理できるため、物流に関するプロセスの効率化に役立てることが可能です。2つのシステムは管理の範囲が異なるため、目的に合わせて最適な方もしくは両方を選ぶと良いでしょう。

WMSシステムとERPシステムの違い

WMSシステムは倉庫管理のみに対応しています。一方で、ERPシステムは倉庫管理そのものには対応しておらず、企業運用に欠かせないヒト、カネ、モノをトータル管理するためのシステムです。これらを連携して使用すれば、システム間で即時的に情報の共有ができるようになるため、どちらかを単体で使用するよりも業務効率を上げられます。

WMS・WCS・WESの違い

倉庫管理システムにはWMS・WCS・WESといった3種類が存在します。それぞれ対応領域が異なるため、まずはシステムごとの特徴や導入のメリットを確認するのが重要です。また、これらは単体で使用しても良いですが、すべて導入することでさらなる業務効率アップが期待できるようになるため、資金に余裕があるならまとめて導入するのがおすすめです。

アパレル

アパレル

実際にWMSシステムを導入したアパレル業界の事例を紹介しています。アパレルの商品は、サイズや色など確認する項目が多いため、ピッキングや検品においてミスが起こりやすくなっています

WMSを導入して、現場の課題をどう解決したのか、作業効率などはどう変わったのかをチェックしてください。具体的な事例を知ることで、WMSを導入した後のイメージが大まかにできるようになるでしょう。

化粧品

化粧品

実際にWMSシステムを導入した化粧品業界の事例をまとめています。化粧品業界は、先入れ先出しが徹底されている業界。化粧品の種類に加え、使用期限についても厳しく管理しなければいけません。

WMSを導入して、現場の課題をどう解決したのか、作業効率や作業の精度はどう変化したのかをチェックしましょう。いくつかの事例を知り、WMSを導入した後の現場を具体的にイメージしてみてください。

食品

食品

スピーディに商品を提供するために、作業の効率化が求められる食品業界のEC。しかし、従来の手法では業務効率化や生産性向上には限界があります。WMSシステムを導入して業務改善に取り組むべきでしょう。

実際にWMSシステムを導入した企業の多くは、業務効率化や生産性向上に成功しています。ぜひ他社の事例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

雑貨

雑貨

ECサイトを運営するには、ピッキング作業や商品の在庫管理、入出荷など、さまざまな業務を一度にこなさなくてはいけません。WMSシステムを導入すれば、こうした業務の省力化や効率化が可能です。

雑貨関連企業の中には、WMSシステムを取り入れて属人化解消や生産性向上を実現した事例も見られます。また、作業品質のアップに成功した企業もあります。

文具

文具

文具やオフィス用品などの販売を行う企業の中にも、WMSシステムを導入しているところがあります。作業の属人化や煩雑化でお悩みなら、導入を検討してみるとよいでしょう。

中にはWMSシステム導入後に業務の同時進行が可能になり、本部で情報を一括管理・できるようになった企業もあります。このほか、多くの企業が業務改善に成功しています。

【EC事業者のための】
WMSシステム一覧

Google検索「WMSシステム」でヒットした33のシステムの中から、EC事業者向けに特化した22製品をピックアップしています(2023年9月28日調査時点)。

@wms

倉庫やバックヤード内において、商品の入出荷/在庫管理などをサポートする在庫管理システムです。現場で起こりがちな誤出荷や在庫の差異を防ぎ、在庫制度を改善することが可能。

ハンディターミナルやスマートフォンなどでバーコード照合ができるため、倉庫内作業のスピード向上/作業精度の向上を実現できます。クラウド型のシステムなので、初期費用がかからない点もメリットと言えるでしょう。

インターストック

中堅企業向けの倉庫管理システムです。パッケージシステムではありますが、自由なカスタマイズ、機能拡張ができる点が特徴。自社に合わせたシステムがつくれます。倉庫管理や在庫管理に必要な機能をコンパクトにまとめ、使いやすさを重視しました。

充実した在庫管理機能によって、リアルタイムで正確な在庫数を把握することが可能。入出荷作業の効率/生産性の向上に貢献します。

COOOLa

物流倉庫業務の生産性を徹底的に追求し、課題を解決に導く倉庫管理システムです。設計から開発まで、すべて自社で行っているため、高品質で使いやすいシステムを実現しました。

入出荷や棚卸などの基本機能に加え、送り状発行機能、画像検品システムなどの豊富なオプション機能も搭載。導入後でも自由にカスタマイズができるので、思いどおりのWMS運用が可能です。

SANTA

企業の戦略や文化、慣習などを考慮し、企業に合わせてカスタマイズできるWMSです。これまでのカスタマイズ事例が標準機能として搭載。企業の要望を叶えるオーダーメイドのプラグインができます。

物流の業務ルールは、すべてデジタル管理。シンプルで易しい物流作業に標準化することが可能です。属人化を防ぎ、新人作業者でも一定のレベルで作業が行えるようになるでしょう。

ci.Himalayas/R2

入庫、出庫、在庫など、倉庫管理に必要な機能が多数標準搭載された、クラウド型倉庫管理システムです。複数拠点のデータを本社で一元管理することで、リアルタイムで正確なデータを把握し、適切な現場指示を出すことが可能。

充実した機能と、企業のニーズに即したカスタマイズで、在庫の見える化を実現し、作業の効率化を図ります。

SLIMS

3PL事業や物流改善コンサルティングの経験とノウハウを活かして開発されたWMSです。運用管理機能と運営管理機能を兼ね備えたシステムであり、入荷管理や在庫管理など、倉庫内業務を全面的にカバー。

また、運営会社の他のソリューションと組み合わせたサービスを提供し、人時生産性向上や在庫削減といった物流改善を継続的にサポートします。

倉庫管理ソリューション

さまざまな規模の企業のビジネスニーズに対応しながら、自社に合わせたカスタマイズができるWMSです。Dynamics 365など、多くのERPソフトとシームレスに連携することで、倉庫内作業における課題を改善へと導きます。

企業の成長に伴い、次第に複雑になっていく物流業務を効率化/合理化するのに役立つでしょう。

WMS(センコー情報システム)

小規模倉庫から大規模倉庫まで、さまざまな現場のニーズに対応できるシステムです。商品の入庫/出庫情報や在庫情報をシステム上で運用できるため、すぐに確認することが可能。先入れ先出しを徹底した、商品の特性に合わせた適切な在庫管理、商品の鮮度や期限の厳しい管理もでき、効率的な入出荷を実現します。モバイル端末を使用するため、作業のスピード向上も図れるでしょう。

WMS(シーオス)

生産性の高い現場を実現するため、現場経験のあるエンジニアが開発したWMSです。作業工数削減やミス防止に役立つ機能が豊富に搭載されており、効率的な倉庫内作業をサポート。

AI、IoTにも対応しています。大規模対応WMS「Mr.Stream」とSaaS型WMS「Xble」を提供しており、ビジネスによって選択できる点も特徴です。

トーマス

年間多くの商品を出荷する物流会社が現場で開発した、クラウド型の在庫管理システムです。BtoC、BtoB問わず、さまざまな業種で利用されています。WMSの導入だけではなく、物流全般のコンサルティングサービスも提供。

物流業務のノウハウや成功を収めた仕組みなどを吸収できるかもしれません。レイアウト作成サービスやロケーション作成サービスも実施しています。

HYPERSOL WMS

入出庫管理から在庫管理まで、倉庫内の物流業務をサポートするシステム。倉庫内のロケーション情報を即時に見える化し、在庫管理業務を簡略化します。

また、原材料や商品のピッキングミスや誤出荷を防ぐことで、棚卸作業にかかる時間も削減。検品作業もシステム化しているため、ペーパーレスで実施できる点もメリットと言えるでしょう。

Biz-Logi WMS

入荷や出荷、在庫管理など、倉庫内作業を管理するクラウドサービスです。商品管理は、無線ハンディターミナルを使用したバーコード管理によって行います。

在庫の最新の状態を常に把握し、受注過多を防止。ロケーション管理も可能なので、検品・ピッキング作業の効率化、精度向上に加え、作業時間の短縮も実現。スムーズな物流業務を目指せるでしょう。

BEELOGI

通販・ネットショップに特化したクラウドシステムです。Eコマース特化型なので、多数のECシステムとの連携が可能。ECに必要な標準機能が豊富に揃っています。

また、複雑な機能面をできるだけシンプルにすることで、リーズナブルで使いやすいシステムを実現しました。EC発送代行の倉庫業の人も、ネットショップの出荷担当の人も利用しやすいサービスだと言えます。

物流センター管理システム

パッケージをベースとしたWeb型倉庫管理システムです。入出荷・在庫管理から棚卸業務に至るまで、すべてをサポート。複数の拠点倉庫の在庫情報を、一つのシステムで一括管理できる点が特徴です。

倉庫業務の見える化を実現することで、現場の効率化を図ります。さらに、ピッキング・棚卸作業の標準化も可能であるため、在庫管理の精度向上も期待できるでしょう。

mylogi

長年EC運営を行ってきた企業が自社のノウハウをつめこんだ、EC特化型の物流システムです。OMSとWMS、どちらもひとつのシステムで一元管理。

EC物流すべての業務フローを、プラットフォーム上で完結できます。処理も簡単で、作業ごとに決まった流れでチェックやボタンを押していくだけ。誰でもミスを起こさずに作業ができる点も魅力です。

ロジクラ

発送業務を効率化し、ミスや無駄を減らして事業の成長をサポートするクラウド型の在庫管理ソフトです。誰でも簡単に操作ができるよう開発されているので、物流業務の専門知識がなくても使える点がメリット。

在庫データを一元できるため、いつでもどこでも在庫管理ができます。検品作業をアイフォンだけで行える手軽さも魅力と言えるでしょう。

ロジザードZERO

BtoB物流に対応した、EC特化型の倉庫管理システムです。アパレルや化粧品、ホビーといった幅広い商品の管理ができます。倉庫の在庫管理に必要な機能を搭載。

物流ノウハウを存分に活かし、倉庫内作業の効率化を目指して細部にまでこだわった機能が多くあります。常に最新のクラウドWMSを使用できるよう、定期的なバージョンアップがされることもポイントです。

Logitite

大規模案件や大手企業、グローバル企業などの実績とノウハウを詰めこみ、物流現場の「見える化」を実現するWMSサブスクリプションパッケージです。システムによって、作業実績をリアルタイムで正確に把握。

「いつ・誰が・どこで・何を・どれだけ」を見える化し、誤出荷防止を防ぎます。基本機能に加えてカスタマイズ機能も充実しており、ロボット連携も可能です。

LogiBrain

倉庫内作業に必要な機能を網羅した、使い勝手のよい倉庫管理システムです。画面の視認性や操作性が高いため、新人スタッフでもすぐに作業を覚えられるでしょう。

大型ディスプレイへの作業進捗表示が可能で、業務課題や作業者の配置を「見える化」。効率的な業務を実現できます。それぞれの現場に合わせたシステムにできる高いカスタマイズ性を有している点も特徴です。

iWMS X5

フレームワークス社が自社で開発した在庫管理・倉庫管理・運用支援のパッケージシステムです。人手不足の解消・省人化を叶えるために上位システムや配送システムとの連携、200種類を超える標準機能を搭載しています。

現場での作業を人手からシステムが代わって行うほか、AI搭載ロボットやマテハン機器との連携による業務効率化といった、現場ごとの使い方が可能です。

クラウドロジ

クラウドロジはスタークス株式会社が提供している、D2C企業向けの物流サービスです。受注後のプロセスをサポートするシステムで、カートシステムやLINE拡張システムといった、他社の物流サービスとの取引実績もあります。

WMSには、リアルタイム在庫管理や1アカウントで複数拠点から出荷作業が行える便利機能を搭載。業務課題の解決に役立てることができます。

LOGILESS

LOGILESSは日本全国で数百社を超えるEC事業者に利用されているEC自動出荷システムです。ECサイトの運営から注文された商品の出荷までを自動化するため、人手不足への対応はもちろん、人的ミスの防止にも役立てられます。

受注情報の自動取込・マスタ登録・入荷予定管理・POS連携といった機能が活用でき、配送コストの削減に繋がった導入実績もあります。

MPS LOGI

MPS LOGIは日本全国、数百社を超えるEC事業者が利用しているEC自動出荷システムです。倉庫の規模に関わらず導入可能で、クラウド上で荷主と情報共有をして荷主側に在庫閲覧の権限を付与できる便利機能も搭載しています。

ピック用と補充用で商品を配置し、ピッキング導線を確保して在庫状況を可視化するといった使い方も可能で、効率的な倉庫運用を可能にします。

AirLogi

AirLogiは、複雑なカスタマイズが必要な案件に対しても対応できるクラウドWMSです。1,000社を超えるEC事業者に導入されており、初期費用不要のため低コストで運用がスタートできます。

システムはクラウド上で動作し、業界でも例が少ないユニット型を採用しているので、購入物も不要です。必要なユニットを選んでカスタマイズできる点が魅力的です。

W-KEEPER

W-KEEPERは、複数の荷主や自社センターなどいろいろな環境下で利用できる倉庫管理システムです。3,000社を超える荷主が導入しており、汎用性の高いシステムとして活用されています。

120を超える豊富な機能も魅力のひとつ。ロット管理や作業進捗管理といった細かな管理機能に加え、汎用インターフェースやWeb受発注などのオプション機能が選べます。

W3 mimosa

W3 mimosaは、ロット管理や賞味期限管理といった便利機能を標準搭載している倉庫管理システムです。一般的なECサイトのほか、越境ECにも対応しています。

システムに不慣れな場合でも利用しやすいように、直感的操作が可能な管理画面が特長。物量や事業規模に合わせた導入も可能です。機能は現在も拡張を続けており、今後も便利機能が搭載される予定です。

GoQSystem

GoQSystem(ゴクーシステム)は、実際の店舗運営で浮かび上がった課題を基に作られたクラウド型一元管理システムです。モールやカートとの連携、売上管理システムの搭載、見やすいダッシュボードなど、通販業務を効率化するための管理機能が豊富です。

それぞれの処理はマウスのみで簡単に自動処理化でき、通販サイトにおけるスピード感のある受注作業を可能にします。

Super-Vision

Super-Visionは、量販店向けの総合物流システムです。TC(トランスファーセンター)システムとの連動によって荷主から店舗までの物流データも一括で管理でき、衣食住の物流に対応することができます。

豊富な管理機能で量販店の製品・商品の情報を細やかに管理しながら、重量等での単位管理にも対応可能。安心・安全を重視したい店舗や荷主に適しています。

ネットショップ開業のための費用や必要なものとは?

ネットショップ開業にあたって必要な初期費用として、少なくとも10~20万円ほどを見積もっておく必要があります。ただし、ASP型であれば初期費用はほとんどかかりません。また、初期費用とは別に、パソコンやプリンター、カメラといった機材に加え、人件費や申請手続き料、商標登録、サイト作成費、通信費ほか、必要に応じてさまざまなコストが生じることを計算に入れておくことが大切です。

ネットショップの出店方法は?

APSのほか、ショッピングモールやオープンソース、パッケージ、フルスクラッチなど、さまざまな出店方法があります。構築の仕方はそれぞれ異なるので、自分のニーズにあったものを選択するようにしましょう。選択の際には、現在のスキルや予算についても考慮に入れることが大切です。また、機能やデザインにこだわりたい場合には、拡張性の高いものを選ぶのがおすすめです。

法人化するべき?

ネットショップ開設時に、法人化すべきか否かについて迷う場合には、とりあえず個人事業主としてスタートすることをおすすめします。法人化してから個人事業主に戻るのは大変なのですが、その逆は簡単である、というのがその理由です。ただ、法人化によって得られるメリットも少なくないため、さまざまな要素を検討したうえで自分のニーズに合う選択をすることが大切です。

ネットショップ開業で失敗しないための方法

できるだけ失敗をせずに、ネットショップの開業を実現するため、あらかじめおさえておきたいポイントがあります。助成金や補助金の積極的な利用、正確な収支管理、固定費を抑える工夫、リピーター獲得への注力、炎上へのリスク管理ほか、ポイントは多岐にわたります。また、起こりうるいくつかの失敗パターについても、把握しておくことをおすすめします。

ネットショップで売れるおすすめの商品とは?

実店舗と比較して、ネットショップにはどのような強みがあるのか理解することが重要です。さまざまな強みを、お客さんの心理に上手にアプローチできるように生かせるかどうかが、カギとなります。また、市場ニーズの高い商品を扱う戦略だけでなく、自分の造詣が深い商品やコアなファンのいる商品を扱う戦略があることも、理解しておきましょう。

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?