EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » 【EC事業者のための】WMSシステム一覧

【EC事業者のための】WMSシステム一覧

WMSシステム(倉庫管理システム)には様々な種類があるため、それぞれの特徴を把握することが大切です。

そこでこのサイトでは、Google検索「WMSシステム」でヒットした33のシステムの中から、EC事業者向けに特化した22製品をピックアップしました(2023年9月28日調査時点)。気になるシステムがあれば個別ページにてチェックしてみてください。

@wms

インターネットに接続可能なPC・スマートフォンがあれば在庫を確認可能。ハンディやスマートフォンを活用することでバーコード照合による庫内作業が行えることから、作業制度・スピードの向上や属人化の解消をもたらします。3PLや倉庫からネット通販まで、幅広い業態に対応した倉庫管理システムとなっています。

@wms
について詳しくみる

インターストック

セミスクラッチ型でオープンソースなので将来の内製化を視野に入れることができる倉庫管理システムです。ロジスティクスに理解のあるエンジニアによる構築は、稼働率99.8%を誇るなど、安定性も強み。カスタマイズにより、自社にマッチしたシステムを導入できる点や導入後のサポートが強みとなっています。

参照元:インターストック公式HP(https://www.inter-stock.net/)

インターストック
について詳しくみる

COOOLa

物流・倉庫業務の生産性を追求すべく、柔軟なカスタマイズや手厚いサポートを用意している倉庫管理システムです。運用実績や対応分野において豊富なノウハウを持っており、現場にとって有益な機能を多数搭載。BtoBやBtoC、3PLなど、依頼者の状況にマッチした機能を用意しており、業務効率化や省人化をもたらします。

COOOLa
について詳しくみる

SANTA

Shopify、BASE、STORES、Diamond head、FARFETCH、Smileや弥生、販売王からAmazon、楽天、ebay、ポンパレなど様々なシステムとの連携が可能な倉庫管理システムです。「クオリティー」「スピード」「コスト」のすべてを満たした物流品質実現、ひいては「誤出荷0」を目指します。

SANTA
について詳しくみる

ci.Himalayas/R2

210以上の機能を搭載している倉庫管理システムです。リアルタイムにてデータを把握できることから複数拠点のデータを本社で一元管理可能。専任のスタッフが24時間365日体制にて対応するサポート体制や各種システム・マテハンとの連携も可能。BtoB、BtoCのいずれにも対応した汎用性の高い倉庫管理システムです。

ci.Himalayas/R2
について詳しくみる

SLIMS

これまでに400社の導入実績(2023年7月13日時点)、稼働率99.9%を誇る倉庫管理システムです。セイノー情報サービスの強みである3PL事業やこれまでのコンサルティング事業で培ったノウハウが発揮されており、物流センター業務における「こうして欲しい」とのニーズを形にしたものです。また、他のソリューションと組み合わせることで人時生産性向上、在庫削減の向上を期待します。

SLIMS
について詳しくみる

倉庫管理ソリューション

1D/2Dバーコードラベルを発行しての業務効率化を実践する倉庫管理システムです。日本企業ではなく、国外企業によるシステムとあって日本企業による倉庫管理システムとは異なる着眼点にてシステム化されている倉庫管理システムは、海外では多くの実績を誇る倉庫管理システムで、幅広い業界にて採用されているシステムです。

倉庫管理ソリューション
について詳しくみる

WMS(センコー情報システム)

住宅資材、石油化学・樹脂、量販品等、幅広い品目・業種に対応した倉庫管理システムです。倉庫管理システムだけではなく、輸配送システムやサプライチェーンイベントマネジメント、国際物流システム、音声物流システム、汎用倉庫クラウドなど様々なシステムを提供している業者とあって、システム設計の正確性に強みを持っています。

WMS(センコー情報システム)
について詳しくみる

WMS(シーオス)

クラウド/SaaS型で完全従量制、スモールスタートが可能な倉庫管理システムのXble(キシブル)と、フルカスタマイズ可能・大規模案件にも対応している倉庫管理システムのMr.streamの2種類を用意し、それぞれのニーズに応えているシーオス。現場を熟知しているからこそ、「現場改善」のために必要な機能を盛り込んだ倉庫管理システムとなっています。

WMS(シーオス)
について詳しくみる

トーマス

物流改善の実績1,000社以上(2023年7月13日時点)、物流のプロが作った倉庫管理システムです。上流・下流のシステムとのデータ連携や倉庫管理システムの導入支援を用意し、toC・toBを問わずに使用できるシステムは手軽に導入が可能なクラウドトーマスと柔軟なカスタマイズが可能なクラウドトーマスProの二種類を用意し、多種多様なニーズに応えます。

参照元:トーマス公式HP(https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/)

トーマス
について詳しくみる

HYPERSOL WMS

三菱電機ITソリューションズが提供する倉庫管理システムです。信頼・実績のある企業が提供するシステムだからこその安心感はもちろんですが、オフライン動作モードや先入先出対応など、現場にとって「あるとありがたい」機能が用意されています。ロケーション管理にも対応しているなど、実用性の高いシステムとなっています。

HYPERSOL WMS
について詳しくみる

Biz-Logi WMS

倉庫内業務を一連管理できるクラウドシステムです。無線ハンディターミナルを使用してのバーコード管理にて業務効率化を実現。ハンディターミナルはレンタルプランを用意するなど、初期費用を抑えての導入にも対応しています。倉庫の状況をリアルタイムで把握可能になることから、確実性の高い倉庫管理業務環境の構築を実現します。

Biz-Logi WMS
について詳しくみる

BEELOGI

最短1日、工事不要、初期費用38,500円からと導入のハードルが低い倉庫管理システムです。機能が豊富に用意されている点やサポートも充実している点などコストパフォーマンスの高い倉庫管理システムは、EC物流事業に特化したシステムとなっており、Amazonや楽天にも対応するなどさらなる効率化が期待できるシステムです。

BEELOGI
について詳しくみる

物流センター管理システム

多彩な機能が搭載されていることで現場の負担軽減をもたらす倉庫管理システムです。在庫型物流センター、通過型物流センターそれぞれに対応していることから、幅広い倉庫業務に対応したシステムとなっていますが、極力シンプルな構成となっており、扱いやすいよう直感的な操作が可能なインターフェースが採用されています。

物流センター管理システム
について詳しくみる

mylogi

カートシステム、モールシステム、一元管理システム、在庫連携との連携が可能な倉庫管理システムです。EC事業における手間をワンストップで管理できるシステムは、連携可能なシステムが多いことから既にYahoo!ショッピングや楽天、Shopify等で展開しつつ、業務効率化を目指している方におすすめのシステムです。

mylogi
について詳しくみる

ロジクラ

ネクストエンジン、Shopify、スマレジ、CROSSMALL、STORESなど外部のツールとの連携が可能な倉庫管理システムです。「面倒な在庫管理を簡単に」をモットーに、管理から発送業務まで包括的に効率化を目指すシステムとなっています。アパレルや雑貨、食品から家電など幅広いジャンルに対応している点も強みです。

ロジクラ
について詳しくみる

ロジザードZERO

24時間365日のサポートを用意しているだけではなく、広範囲で読み取り可能な耐久性の高いタグを採用することで業務効率化を実現する倉庫管理システムです。QRコードのように「読み込む」ではなく、認識させる型式なので10m程度の距離があっても商品のスキャンが可能なシステムとなっており、幅広いシチュエーションでの活用が期待できます。

ロジザードZERO
について詳しくみる

Logitite

倉庫管理システムのサブスクパッケージです。マテハンや物流ロボットとの連携が可能な点やリアルタイムに情報を追跡できるトレーサビリティ、バーコードによる商品管理機能など、豊富な機能が搭載されていることで「いつ・だれが・どこで・なにを・どれだけ」をリアルタイムにて把握し、業務効率化を目指します。

Logitite
について詳しくみる

LogiBrain

常温、冷蔵、冷凍の3温度帯への対応や入荷期限、出荷期限、賞味期限など鮮度管理も行えるなど倉庫管理に必要な機能を網羅している一方で、カスタマイズ性も備えていることから自社にマッチした形での運用を実現します。B2C、B2Bそれぞれに対応しているなど、汎用性の高い点もポイントで、全国およそ90の拠点に導入されているシステムです。

参照元:LogiBrain公式HP 2023年6月末調査時点(https://www.jsup.co.jp/solution/logibrain/)

LogiBrain
について詳しくみる

iWMS X5

iWMS X5はフレームワークス社が独自に開発した倉庫管理・在庫管理・運用支援のパッケージシステムです。豊富な標準機能を搭載し、顧客ごとの現行業務に合わせたカスタマイズが行えます。マテハン機器やAI搭載ロボットとの連携実績があり、オンプレミスのほかにパブリッククラウド上での稼働や顧客のインフラ上での構築といった運用方法が選べます。

iWMS X5
について詳しくみる

クラウドロジ

クラウドロジは受注後のプロセスを配送業務の手前までサポートするシステムです。D2C企業向けの物流サービスとして、WMSや商品管理、伝票出力といった煩雑になりやすい部分をシステムが代わって行います。導入の際のレクチャーから、導入後のクラウドロジ専用ヘルプセンターの活用まで、細やかな配慮が受けられる点も同サービスの魅力です。

クラウドロジ
について詳しくみる

LOGILESS

受注・出荷・在庫管理のそれぞれを自動化するEC自動出荷システムです。EC事業者との自動連携によって、在庫のロケーション管理や送り状発行が可能になります。RPA機能による自動化ルールの追加や受注情報の自動取込、出荷状況の確認がリアルタイムに行えるため、人手の少ない拠点や事業所でもスムーズに業務を続けることができるでしょう。

LOGILESS
について詳しくみる

MPS LOGI

日本全国のEC事業者に利用されており、倉庫の規模に関わらず導入できるシステムです。倉庫の規模が変わる場合にも対応でき、期限管理が正確に行えるため、期限切れ商品の誤出荷やトラブル防止、不慣れな作業者にも正確性の高い作業が行えるなど、ヒューマンエラーの防止に役立てることができます。

MPS LOGI
について詳しくみる

AirLogi

物流に関わるさまざまな悩みを解決するクラウド型WMSです。購入物が不要で運用を開始できるため、低コストが特徴的。ネット環境が要らないハンディもレンタルで利用できます。豊富な連携機能やデータ出力設定が搭載されているので、事務作業にかかっていた手間やミスを減らし、省人化・業務効率化図りたい現場に役立てることができます。

AirLogi
について詳しくみる

W-KEEPER

120以上の豊富な機能を搭載した倉庫管理システムです。汎用インターフェースやWeb受発注、運賃・配車・請求といったオプション機能を組み合わせられるので、自社に適したカスタマイズが可能です。また、マテハンとの連携や各種グループウェアとの組み合わせも可能で、汎用性の高いシステムとして3,000社を超える荷主に導入されています。

W-KEEPER
について詳しくみる

W3 mimosa

月額1万円からの低コストで導入が始められる、クラウドベースの倉庫管理システムです。ハンディ・パソコン・タブレット・スマートフォンといった複数のデバイスに対応し、企業ごとの業務に合わせて機能を組み合わせられるので、無駄のないシステム構築が可能です。直感的な操作が可能な管理画面、物流波動を予測する分析機能も搭載しています。

W3 mimosa
について詳しくみる

GoQSystem

受注管理・在庫連携・物流管理・売上管理・商品管理・自動処理といった便利機能を豊富に搭載しているクラウド型一元管理システムです。ECサイトの運営において手間のかかる業務を効率化する機能が豊富に搭載され、物流倉庫との連携や各サービスとのAPI連携が可能。ドロップシッピングやクリックポスト連携などの便利機能も利用することができます。

GoQSystem
について詳しくみる

Super-Vision

総合物流管理システム(WMS)として、量販店と店舗、物流センターや荷主などでやり取りされる商品や製品の入出荷、事前出荷情報などを管理できるシステムです。豊富な管理機能を搭載しており、ロット数・品番・サイズだけではなくバーコードのない販促品などの商品の管理、重量等での単位管理にも対応。迅速な作業をサポートすることができます。

Super-Vision
について詳しくみる

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
関連記事一覧