EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » WMSシステム(倉庫管理システム)で解決できるEC事業者の悩み » 不動在庫の対策

不動在庫の対策

不動在庫対策は重要です。需要の過剰予測、過剰な仕入れや、ニーズがないことで倉庫の保管スペースだけではなくコストもかかり会社の財政面にも暗い影を落とします。売れない製品を保管していても意味はありません。不動在庫対策を練ることは重要です。

不動在庫が発生する原因

不動在庫が発生する状況には、いくつか原因があります。適切な管理のためにも原因を知って対策を練りましょう。

需要を過剰に予測してしまった

需要を予測して仕入れる場合、適切な判断が求められます。予測がむずかしい場合、需要量を多く判断したり、甘く見積もったりすると供給過多になるのです。結果、不動在庫が発生します。

仕入れを過剰に行った

仕入れ量は需要に合わせることを意識しなければなりません。需要を無視して過剰に行った結果、不動在庫が発生します。ただし、判断ミスばかりでは起きません。需要がとつぜん変動する、需要が一気に減少するという想定外のトラブルなど予測がむずかしい原因もあります。

製品がニーズに合っていない

一世代、二世代前なら人気だった製品も、時代の流れでもっといいものが出れば、消費者は目を向けません。また、特定の季節限定の商品の場合、季節外れになると需要が一気に減少します。結果、不動在庫になるのです。市場のトレンドを無視、技術に追いついていない場合に起こりえます。

品質に問題がある

不良品が多発するような製品は不動在庫になります。設計段階や製造プロセス、または品質管理に問題があると発生するトラブルです。品質に問題があるとわかっているなら、安くても消費者は買わないでしょう。

不動在庫のデメリット

不動在庫は少数なら大した問題ではないかもしれません。ただ、甘く見ているとシロアリのように会社を蝕んでいく大きなリスクをはらんでいます。

資金拘束およびキャッシュフロー低下

売れない在庫ですから、長期間保管していると資金が在庫に拘束される問題が出てくるのです。結果、キャッシュフローの低下を引き起こします。不動在庫が多いほど、運転資本が減少するのは大きな問題です。需要予測の改善、製造から集金までの短縮、返品や再販をするなどの早急な対策が求められます。

コストがかかる

保管には倉庫スペースや人員や保険などの費用がかかります。品質を維持するための定期的に監査も必要です。品質劣化や保管中にダメージを負えば売り物にはなりません。利益率の低下につながります。

販売機会の損失

将来に渡っても売れる見込みがなければ利益は出ません。逆に保管のための費用、キャッシュフローの低下などの金食い虫になります。倉庫スペースを圧迫すれば、新しい商品の保管場所に困るでしょう。他の売れ筋商品を保管できない機会の損失のため、利益につながらないのです。

不動在庫を減らすには

不動在庫を減らすには有効な施策をしなければなりません。過剰在庫を避ける、在庫回転率の計算、管理システムの導入が有効です。

過剰在庫を避ける

過剰在庫を避けて、適正在庫を保つ意識が必要です。そのためには在庫の適切な把握が求められます。把握できていないからこそ、不足していると判断を間違えやすくなります。

適切在庫は欠品の予防につながるため、機会損失の防止も期待できるでしょう。問い合わせて欠品ばかりだと、顧客は「では他のところと取引をしよう」となりかねません。信頼を失なわないためにも、商品の時期ごとの需要や将来性を見据え、適正在庫を維持できる管理方法を選ぶことが重要です。

在庫回転率を計算しておく

倉庫に保管した在庫が一定期間に入出庫したか表す数値です。在庫回転率2.0という計算結果が出た場合、1年間に在庫が2回転したと判断できます。在庫回転率が多いほど、出荷されて新しい在庫が入ってきていることを示すのです。

在庫回転率が高い商品は不良在庫にあまりならない商品といえます。出荷されないが、ある時期になると確実性の高い需要がある商品も中にはあります。そのことを踏まえた上で、在庫回転率が高い商品を把握し、発注することで不動在庫の対策が可能です。

管理システムを導入する

最後は人の力が重要になりますいただき。ただ、ヒューマンエラーがあるのも事実です。また、人力ばかりで倉庫管理をしていると手間も時間もかかり過ぎます。その問題を解決できるのが在庫管理システムです。在庫管理を自動化することで、担当者の負担を大きく減らせます。

ハンディーターミナルにより、検品や棚卸しの在庫確認を自動記録。正確性とスピードという面で効率的な管理ができます。出荷時も自動で在庫数が減るのもポイントです。処理忘れによる在庫の数が合わないという問題を避けられます。

編集チームまとめ

不動在庫が発生する原因は需要の過剰な予測、過剰な仕入れ、世間のニーズとのズレや品質の問題です。品質の問題は論外ですし、製品開発の時点から根本的な対策が求められます。不動在庫は会社の資金に問題が出ますし、販売機会の損失なども起きていいことはありません。

不動在庫対策として、倉庫管理をしっかり行い細部まで把握しておくことです。在庫回転率の計算も必要です。また、在庫管理システムの導入で、アナログ要因のミスや負担を減らせるため検討してみてはいかがでしょうか。

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
ピックアップ記事