EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » 【EC事業者のための】WMSシステム一覧 » 倉庫管理ソリューション

倉庫管理ソリューション

目次

1D/2Dバーコードラベルを発行して照合することで業務効率化をもたらす倉庫管理ソリューション。海外のサービスとあって、日本発の倉庫管理システムにはない視点での設計が特徴。また、導入事例や機能も紹介します。

倉庫管理ソリューション公式HPキャプチャ
引用元:倉庫管理ソリューション公式HP
(https://www.calsoft.com/ja/solutions/warehouse-management-solutions/)

倉庫管理ソリューションの特徴

Microsoft製品との連携が可能

倉庫内外の在庫を効率的に管理するためのソリューションです。連携ツールを利用することで、Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations、Microsoft Dynamics 365 Business Central、Microsoft Dynamics GP、さらにはMicrosoftDynamicsNAVとシームレスにデータ連携できる点が強みです。

カスタマイズにも対応

バーコードを駆使するソリューションです。ワイヤレスで、1D/2Dのバーコードを発行することで照合し、管理するソリューションです。ロット番号やシリアル番号での追跡、データの自動入力からの定義済みラベルの印刷、さらなるカスタマイズなどに対応しています。また、Windows CEの802.11b/gベースのハンドヘルドを使用することでコストを抑えての拡張ソリューションを展開可能です。

倉庫管理ソリューションの導入
事例

公式HPに記載がありませんでした。

倉庫管理ソリューションの搭載
機能一例

受け取り

Dynamics ERPで買掛・売掛の取引を作成し、ロット追跡アイテムを受け取り、プロセス中に1D/2Dバーコードラベルをリアルタイムで印刷する機能を搭載していることで、受け取りを円滑に行います

ピッキングと配送

1D/2Dバーコード対応のピッキングチケットを印刷することで、出荷プロセス中に作成されたラベルとピッキングチケットのバーコードを比較。これにより、アイテムを検証してミスを防ぎ、正確なピッキング・配送をもたらします。

在庫数

在庫管理のために1D/2Dバーコードラベルを印刷し、在庫カウントのプロセスにスピード感を出すと共に、監査を改善するための品目数量差異レポートも生成し、在庫数の把握を実践します。

編集チームまとめ

CS WMS StarとWMS Lite2種類を用意している倉庫管理ソリューション。国外企業のサービスとあって、日本の企業にはない価値観・考え方のもとで生まれたシステムです。しかし、Webのシステムである以上、日本国内の倉庫であっても問題なく活用可能です。

Microsoftとの連携など、海外企業ならではなシステムが搭載されているので、日本の倉庫管理システムだけではなく、海外の倉庫管理システムに興味のある方は要チェックです。

物流業者から製造業、EC事業者など様々なシーンで活用されているWMSシステム(倉庫管理システム)。当サイトではEC事業者だからこそ選ぶべき、おすすめの3つのシステムをご紹介しています。

EC事業者におすすめの
WMSシステム3選を見る

倉庫管理ソリューションの連携
システム

Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations / Microsoft Dynamics 365 Business Central / Microsoft Dynamics GP / MicrosoftDynamicsNAV

倉庫管理ソリューションの企業
情報

社名 Calsoft Systems
本社所在地 東京都中央区日本橋二丁目1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル
電話番号 記載なし
公式HP URL https://www.calsoft.com/ja/solutions/warehouse-management-solutions/
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
ピックアップ記事