EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » WMSシステム(倉庫管理システム)で解決できるEC事業者の悩み

WMSシステム(倉庫管理システム)で解決できるEC事業者の悩み

ネットショップの運営には、さまざまな課題が生じます。特に在庫管理や棚卸など、労力と時間を要する物流作業が多く、思うようにいかないケースも多々あるでしょう。ここでは、ネットショップを展開しているEC事業者の悩みをまとめ、その原因と解決方法についても紹介しています。

在庫管理がうまくいかない

ネットショップを運営していくうえで、在庫管理を的確に行うことは売上を左右する大きなポイントです。在庫管理がうまくいかないと、在庫数にずれが生じ、商品の入出荷に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあります。ここでは、在庫管理がうまくいかない原因を探り、どのような解決方法があるのかをまとめました。ぜひ参考にして、適切な在庫管理を行ってください。

ネットショップの在庫管理課題
について詳しくみる

棚卸時に差異が発生

ネットショップを運営していく中で、棚卸作業も非常に重要な業務です。しかし、棚卸の差異が生じるケースも多く、事業者を悩ませているよう。業界によっては、チェックする項目が多数ある商品もあり、多大な時間と労力を費やす作業でもあります。ここでは、棚卸差異が起こる原因を探り、どのような解決方法があるのかを詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、ミスのない棚卸を行いましょう。

棚卸時に差異が発生する
原因と対策
について詳しくみる

検品作業や発送商品を探す作業に時間がかかる

ECショップを運営し、売上に繋げていくためには、在庫管理がとにかく大切です。検品やピッキングを行い、正しい商品を選定する必要があります。しかし、これらの作業に時間がかかるという課題が、事業者を悩ませているよう。ここでは、原因を探るとともに、解決方法についても詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、発送業務の効率化を目指しましょう。

検品・発送業務の効率化方法
について詳しくみる

売り越しと売り逃しが発生

ECショップを運営していくうえで、売り越しと売り逃しは起こしてはいけない問題です。利益損失はもちろん、利用者の信頼も失いかねない重大なトラブルと言ってもよいでしょう。ここでは、売り越し・売り逃しが生じる原因や、その解決方法についても詳しくまとめました。リスクを低減し、確実に売上を伸ばしていきましょう。

ECサイトで売り越し・売り逃しが
発生する原因と対策について
詳しくみる

人手不足・属人化している

倉庫業務は人手不足と属人化が問題です。少子高齢化による若年層の働き手不足や、配送需要の多さなど原因は多種多様です。人手不足や属人化だと担当者がいないことでの混乱や社内不正にもつながります。労働環境の改善やIT導入による業務効率化が必要です。

人手不足・属人化しているについて
詳しくみる

不動在庫の対策

不動在庫はあっても得がないです。需要の過剰予測、過剰な仕入れをはじめ、製品ニーズがないなどで不動在庫が発生します。不動在庫は保管スペースの圧迫やコストなど問題多数です。対策として、過剰在庫を避ける、在庫回転率の計算や、在庫管理システムの導入が求められます。

不動在庫の対策について
詳しくみる

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
関連記事一覧