EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » WMSシステム(倉庫管理システム)で解決できるEC事業者の悩み » 棚卸時に差異が発生

棚卸時に差異が発生

目次

ECサイトを運営していく中で、棚卸作業も非常に重要な業務です。しかし、棚卸の差異が生じるケースも多く、事業者を悩ませているよう。ここでは、棚卸差異が起こる原因を探り、どのような解決方法があるのかを詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、ミスのない棚卸を行いましょう。

棚卸の差異が発生する理由とは

入力ミスなどのヒューマンエラー

棚卸差異が生じる原因の多くは、入力ミスや処理が漏れているなどのヒューマンエラーだと言われています。たとえば、棚卸票に「20だったのに間違えて200と入力してしまった」という入力ミスや、在庫の数え間違いなどが挙げられます。人の手で行っているため、どれだけ気をつけて取り組んだとしても、完全に棚卸差異をなくすのはやはり難しいでしょう。

在庫管理のルールが決められて
いない

在庫管理のルールが定まっていない点も、棚卸差異が生じる原因のひとつです。ルールが曖昧だったりあまりにも複雑だったりすると、スタッフ間での管理方法もバラバラになってしまうでしょう。在庫の見落としなどが起こり、その結果、棚卸差異が生じてしまうのです。

特に、棚卸を普段からあまり行わない企業は、ルールが曖昧であることが多いようです。

棚卸差異を改善する方法とは

在庫管理ルールを徹底する

棚卸差異を防ぐには、まず在庫管理ルールをマニュアル化して社内に共有することが大切です。

ルールを明瞭にすれば、作業者全員が同じ方法で在庫を管理できるようになるため、ヒューマンエラーが低減するでしょう。何かトラブルが起こった際の対処方法をマニュアル化しておくこともおすすめです。

作業者全員がマニュアルを徹底できるコツは、できるだけ無駄のない効率的な作業にすること。煩雑にならないようにすることがポイントです。マニュアルが完成したら、作業者全員で必ず共有しましょう。

棚卸作業を短いスパンで定期的に実施する

棚卸差異を改善するためには、棚卸作業自体を短期間で定期的に行うことも有効な方法です。棚卸の時期は企業によってさまざまですが、可能であればできるだけ短いスパンで定期的に行いましょう。短期間で実施することで、在庫管理ミスや仕入れミスなどを防ぎ、棚卸差異のリスクを小さくできるはずです。

棚卸時にもWMSシステムが
おすすめ!

棚卸作業の精度を高め効率的に

WMSで、棚卸作業の精度向上と効率化が期待できるでしょう。

ハンディスキャナーなどの機械で商品を読み込んで在庫の棚卸を管理する機能が搭載されているため、棚卸をスムーズに実施できます。棚卸した在庫データとWMSで登録された在庫データを照合し、差異があれば自動的に検出。正確性を高めつつ、作業を簡略化して行えます。

ほかの作業と並行しながら棚卸を行え生産性向上

ほかの作業と並行しながら棚卸を行える点も、WMSをおすすめする理由です。これまで手作業で棚卸を実施していた場合、ほかの作業は止めざるを得ませんでした。大規模な倉庫に至っては、棚卸作業が数日から数週間に及ぶことも珍しくありません。

WMSを導入すれば、ほかの作業と並行して棚卸作業を行えるようになります。端末で商品を読み込むシステムなので、正確な在庫数をカウントでき、差異が生じる可能性も低くなるでしょう。その結果、倉庫内作業の全体的な生産性向上が見込めるはずです。

編集チームまとめ

棚卸の差異を改善するには、在庫管理のルールを決める、短いスパンで定期的に行うといった方法があります。こういった方法も有効ですが、WMSを導入することでさらに棚卸の精度が向上するでしょう。機械で商品を読み込むため、正確かつ効率的に棚卸を行えます。棚卸管理に関する機能が充実しているWMSもあるので、検討してみてもよいでしょう。

物流業者から製造業、EC事業者などさまざまなシーンで活用されているWMSシステム(倉庫管理システム)。当サイトではEC事業者の目線で、システムの選び方やおすすめの3システムをご紹介しています。

EC事業者必見
自社に合ったWMSシステムの
選び方とは

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
ピックアップ記事