EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » WMSシステム(倉庫管理システム)で解決できるEC事業者の悩み » 在庫管理がうまくいかない

在庫管理がうまくいかない

目次

ネットショップを運営していくうえで、在庫管理を的確に行うことは売上を左右する大きなポイントです。ここでは、在庫管理がうまくいかない原因を探り、悩みを解決するさまざまな方法を集めてみました。ぜひ参考にして、在庫管理を適切に行えるようになりましょう。

在庫管理がうまくいかない原因
とは

人間の労働力に頼りきっている

在庫管理がうまくいかないいちばんの理由として、マンパワーに頼っている点が挙げられます。在庫管理は、在庫の入出荷や検品など、労力と時間がかかる作業が少なくありません。

たとえば、商品の受発注を電話やメールのみで受け付けていたり、検品を目視で行っていたりと、人間の労働力のみで在庫管理を行っている企業もあるのではないでしょうか。

確認作業などの工数が増えると、数え間違いや入力ミスといったヒューマンエラーが生じる可能性が高くなってしまいます。人間の能力にはやはり限界があるため、マンパワーに頼っている企業は在庫管理がうまくいかないと考えられます。

在庫管理のルールが定まって
いない

在庫管理がうまくいかないもうひとつの原因として、管理ルールが曖昧な点も挙げられるでしょう。入出荷商品の検品や保管、棚卸などを行う際、ルールが決められていないと、在庫数のずれが生じやすくなります。

ルールが曖昧だと、作業員の連携にも支障をきたします。もしそれぞれ異なる方法で管理していた場合、在庫数に違いが出ることはもちろん、作業の効率化にも影響を及ぼすリスクがあります。

ネットショップで在庫管理を行う方法

Excelで在庫管理を行う

比較的小規模なネットショップですと、Excelを使って在庫管理を行う方法があります。手軽に使えて予算もかからない点がメリットですが、ひとりで管理を行う場合のみと言えるでしょう。複数人で管理を行う場合、Excelでの管理はおすすめできません。もし手入力でミスをしてしまうと、在庫数を正確に把握できないおそれがあります。

アウトソーシングサービスに依頼する

在庫管理を外部に委託するという方法もあります。外部委託の場合、在庫管理の間にほかの業務に集中できるというメリットが生じます。一方、自社のノウハウや企業機密が漏れてしまうリスクがある、自社に合った業者を選定するのが難しいなどといった課題も発生します。

自社でシステムを開発する

自社にエンジニアが所属している場合、自社でシステムを開発するという方法もあります。しかし、自社の業務に合った機能を開発できるというメリット以上に、大きな課題が生じるリスクを覚悟しておいた方がよいかもしれません。システムを開発するための人員や時間、さらには開発・運用・保守コストが必要になるため、非常にハードルが高い方法と言えるでしょう。

在庫管理システムを導入する

在庫管理システムの導入は、日常の業務を効率化し、手作業によるミスを削減する大きなメリットがあります。
リアルタイムで在庫情報を更新できるため、品切れや過剰在庫のリスクを低減し、データに基づいた戦略的な意思決定が可能になります。ただ、導入には初期投資と運用コストが発生します。費用対効果を検討し、スタッフのトレーニングやシステムのカスタマイズの可能性なども考慮しましょう。
まずは管理システムを扱う会社に相談してみることで、現状にあったプランや、段階的な導入など、スムーズな運用移行への提案が受けられるでしょう。

在庫管理にはWMSシステムが
おすすめ!

在庫管理機能で在庫情報を
まとめて把握

在庫管理機能で、在庫の詳しい情報をまとめて管理できます。在庫がある場所や数に加え、消費期限や製造年月日など、在庫情報を一元管理。先入れ先出しを徹底しなければいけない現場でも、WMSによって商品の新旧がすぐにわかります。効率良く出荷ができ、無駄な在庫を抱えることも少なくなるでしょう。

正確な在庫をリアルタイムで把握できる

正確な在庫状況をリアルタイムで把握できる点も、在庫管理作業に役立ちます。入出荷の際にバーコードを読み取って、リアルタイムでシステム化。常に最新の在庫状況を把握できます。状況に応じて、正確で迅速な対応が可能になるでしょう。入出荷の判断も、誰でも的確に行えます。

在庫情報を見える化しデータを
わかりやすく

バーコードで検品することにより、即時に在庫状況を見える化できます。わかりやすいデータで、誰でも正確に情報を把握できる点がポイント。在庫がどの場所にどれだけあるかが一目でわかるので、在庫がなくなってしまったという事態も減らせるはずです。

編集チームまとめ

ネットショップの在庫を管理するには、Excelでの管理やアウトソーシングなど、さまざまな方法があります。その中でも、在庫管理を効率的に行い、倉庫内作業をスムーズに進めるには、WMSシステムがおすすめ。在庫を一括で管理でき、さらに最新の在庫情報をリアルタイムで把握できます。複雑な在庫管理作業も正確に行えるため、適切な入出荷ができるようになるでしょう。

物流業者から製造業、EC事業者などさまざまなシーンで活用されているWMSシステム(倉庫管理システム)。当サイトではEC事業者の目線で、システムの選び方やおすすめの3システムをご紹介しています。

EC事業者必見
自社に合ったWMSシステムの
選び方とは

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
ピックアップ記事