EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » WMSシステム(倉庫管理システム)のきほんの「き」 » WMSシステムを導入するメリット

WMSシステムを導入するメリット

目次

WMSシステムを導入する前に、WMSが倉庫内作業の課題をどのように解決してくれるのか、そのメリットを知っておきましょう。ここでは、WMSがもたらすメリットについて詳しくまとめました。ぜひチェックして、WMSの魅力を確認してください。

WMSシステムを導入するメリットとは?

倉庫内作業を効率良く行えるため作業時間を短縮できる

WMSを導入するいちばんのメリットとして、倉庫内作業の効率化が挙げられます。

たとえば、出荷前に、ロケーションから発送物を取り出すピッキング作業。ピッキングを行う際、商品がある場所をまず探さなければならず、ロケーション探しに時間がかかっていました。WMSは、商品とロケーションを同時に確認しながら作業を進められるため、探す時間を短縮できます。

また、出荷作業においても効率化も実現。出荷には「先入れ先出し」が要求されることも多く、在庫を移動しなければならないケースもあります。移動に要する時間と労力が無駄だと感じてしまいますが、WMSなら、商品の適切な出荷順序を指定することが可能。在庫を効率良く出荷できます。もし商品が返品された場合でも、WMSの機能で適切な返品処理を迅速に行えます。

WMSを活用することで、出荷や検品、返品処理作業のスピードが向上し、大幅に作業時間を短縮できるのです。

在庫状況を見える化し
リアルタイムに在庫を把握できる

「在庫状況の見える化」を実現し、リアルタイムに在庫を把握できる点も、WMSを導入する大きなメリットと言えるでしょう。

WMSを導入すると、入荷作業ではハンディターミナルやモバイル端末などを使って検品業務を行います。検品を完了すると、検品結果がリアルタイムで在庫データに反映。在庫状況がすぐに見える化されます。最新の在庫状況を正確に把握できるため、適切な在庫の保持や入出荷の判断が可能になります。無駄な在庫の発生もなくなるでしょう。

人件費を削減できる

人件費をカットできる点もメリットと言えるでしょう。

物流は人が行う作業が多い業界。どうしても人件費が割高になってしまうため、どのように削減を進めていくかが物流業界の長年の課題でした。WMSを使用することで、ピッキングや検品、棚卸作業のシステム化を実現。倉庫内作業を効率良く、かつ正確に行えるようになり、導入前よりも少ない人数で対応できるため、人件費の削減が可能になるのです。

人為的ミスを防ぎ生産性アップ

人為的ミスを防げる点も、WMSを導入するメリットです。

人間による目視でのチェックやデータの手入力では、どれだけ注意していても、やはりミスが出てしまうことは否めません。しかし、WMSを導入すれば、検品・照合業務をハンディターミナルなどでバーコードを通すことで正確に行えます。もしエラーが発生しても、アラートで知らせてくれる機能つき。作業をシステム化することで、人為的ミスの減少が期待できるでしょう。

アパレルなどに関してはサイズや色が違うアイテムも多く、ミスが生じやすくなるので、WMSは非常に有効な方法だと言えます。WMSによって人為的ミスを減らすことは、倉庫内作業の生産性向上にも繋がるはずです。

編集チームまとめ

WMSシステムの導入は、倉庫内作業において多くのメリットがあると言えます。業務の効率化や在庫をリアルタイムで把握、人件費の削減を実現できるため、今までの倉庫内作業を良い方向に導いてくれるでしょう。もし今、ひとつでも課題を改善したいと悩んでいるのであれば、WMSを検討してみてはいかがでしょうか。自社の課題解決に役立つはずです。

物流業者から製造業、EC事業者など様々なシーンで活用されているWMSシステム(倉庫管理システム)。当サイトではEC事業者の目線で、システムの選び方やおすすめの3システムをご紹介しています。

EC事業者必見
自社に合ったWMSシステムの
選び方とは

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
ピックアップ記事