EC事業者のためのWMSシステム専門メディア|ロジハピ » WMSシステム(倉庫管理システム)のきほんの「き」 » WMSシステムとTMSシステムの違い

WMSシステムとTMSシステムの違い

目次

倉庫での作業を効率化するためのWMSシステムは、配車管理を行うTMSシステムを組み合わせることで、さらに業務を効率化できます。ここでは、WMSシステムとTMSシステムの違いと、TMSシステムを導入するメリットについて紹介します。

TMSシステムとは

TMS(Transportation Management System:輸送管理システム)システムは、物流センターや倉庫から出荷された荷物が配送先へ届けられるまでの情報を総合的に管理する配車管理システムです。

配送計画・出荷・配車・進捗管理・積付・運賃計算・請求といったそれぞれの局面において、人的なミスや誤りを防ぎ、業務を効率化できます。

TMSシステムを導入するメリットとは

荷物をリアルタイムに追跡できる

TMSシステムは、荷物の現在位置や状況をリアルタイムに追跡(トラッキング)します。機械学習の利用により、輸送にかかる時間を事前予測できるものもあります。

輸送車輌に限りがある場合でも、トラッキング機能を活用すれば配送作業の滞りや無駄をなくし、スムーズな輸送をサポート。配達や中継といったイベントを可視化しながら、GPSや車載器とも連動して位置情報を取得。事故や渋滞に巻き込まれた際にも、すばやく状況を把握できます。

正確かつミスなく配車管理が行える

車輌によって対応可能な荷物の重量・温度・湿度が異なり、時間や配送ルートといった諸条件も加味しなければならないため、人的な管理ではミスの可能性が考えられます。

TMSは荷物の割り当てや追跡に加えて、積み込む車輌の選定もスムーズ化します。自動配車・自動積付の機能を搭載しており、車輌の空き情報を参考にして配送計画の立案・管理が可能です。

WMSシステムとTMSシステムの違いとは

WMSシステム(倉庫管理システム)は、荷物の入荷から出荷までをサポートするシステムです。

TMSシステム(輸送管理システム)は、荷物の出荷から配達までをサポートするため、WMSシステムと組み合わせることで荷物の入荷から配達までの大きな流れを管理し、モノの動きや時間・金銭・ドライバーの勤務状況といったすべての流れを把握できるようになります。

倉庫内作業が発生せず、輸送のみを行っている企業はTMSシステムのみの導入でも問題ありませんが、倉庫管理業務を請け負う場合はWMSシステムとTMSシステムを併せて導入すると良いでしょう。

編集チームまとめ

物流システムに欠かせないWMSシステムとTMSシステムは、正確かつミスのない管理に貢献します。2つのシステムの違いを押さえて、業務を効率化するシステムやソリューションを選びましょう。

当サイトでは、EC事業者のためのWMSシステムについて詳しく紹介しています。基本の機能から導入事例などを詳しく取り上げていますので、ぜひ下記のページをチェックしてください。

EC事業者必見
自社に合ったWMSシステムの
選び方とは

【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
【特集】EC事業の立ち上げ期にWMSシステムは必要?
ピックアップ記事